内装のリフォーム

よくあるご質問

 

内装材にはどんな種類がありますか?

 

床材には、フローリング・カーペット・クッションフロア・コルクタイル・タイル・石・畳などがあります。

フローリングは木のぬくもりがあり、むく材になると、湿度調節の作用もあります。
複合フローリングでは、防音タイプ、表面塗装や基材の工夫により、ワックス不要タイプ・抗菌加工・耐傷性・耐汚染加工など

いろいろな加工を施したものがあります。

カーペットは保温や防音の効果が高く、ウール100%のものには空気中の有害物質を取込み浄化する作用がある、とされています。

クッションフロアは合成樹脂系なので水に強く、水廻りに向いています。

コルクタイルは断熱と保温効果があり、すべりにくいです。弾力性・吸音性にも優れています。表面加工法により強度やデザイン性に

違いがあります。
タイルや石は玄関ポーチ、浴室などに主に使われます。大理石は酸に弱いので浴室などには向きません。

天井・壁材には、ビニールクロス・布クロス・紙クロス・木・タイルなどがあります。
ビニールクロスは、様々な色と柄があります。耐久性があり汚れても掃除がしやすく、他の内装材に比べて安価です。

布クロスは種類が限定され、質感に柔らかさや高級感がありますが、コストは高めで、汚れがつくと落ちにくいです。
紙クロスは輸入品が、色・柄が豊富です。材料自体薄い為、下地調節に手間がかかります。
木にはむく材と合板があります。
タイルは主に台所や浴室の壁に使用されます。

 

壁に穴をあけてしまったのですが、直せますか?

直せます。壁の下地に使われているボードを修復し、その上でクロス(壁紙)を貼ります。

 

砂壁の上に、クロスを張ることはできますか?

和室などに使われている砂壁の上に直接クロス(壁紙)を貼る事はできません(砂壁に特殊な糊を塗布して固め、全面をパテ処理を

してからならクロスを貼る事は可能。手間と時間がかかり職人さんの費用が増えるので現実的ではない)。
普通であれば、砂壁の上にベニヤ板を貼り、その上からクロスを貼ります。その際、砂壁の砂が落ちなくなるわけではないので、

床と壁の取り合い部分に巾木を付け、砂が出てこないようにします。

 

畳は何年で取替が必要ですか?

2年ごとの裏返しで4年の表替が基本と言われていますが、日頃のお手入れで変わってきます。
畳替えは、傷みが少ない場合で15年~20年位です。歩いたときにブカブカしたり、畳と畳の間にすき間ができてしまったら取替えどきです。

 

デッドスペースを利用して収納を増やしたい

小屋裏空間や階段の下などが、まず、挙げられます。また、2階だけでなく、2階に設置可能な床下収納も種類が豊富に出ています。

小物の収納なら、壁に埋込むタイプの壁厚収納もおすすめです。

 

収納家具は、造り付けとユニットとどちらがいいですか?

造り付け家具は、スペースや物に合わせてピッタリ造れるのが魅力です。
ただ、注文してから時間がかかる、躯体に造り付けてある場合は移設ができない、コストがかかるなどのデメリットもあります。

材料によりかなり金額的にもかわってきます。
ユニット家具は、造り付け家具ほどスペースを有効活用はできませんが、工場生産品の為、品質もよく、安価、あとで買い足したりも

可能です。いろんな面から比較検討が必要です。

 

リフォームで防音・遮音対策できますか?

まず窓に内窓を付けて二重サッシにしたり、防音・断熱サッシに取替えします。
壁は、ボードを二重貼りにし、二重壁を作って中空層を設けたり、遮音シートを使ったり、グラスウールを入れたり等の方法があります。
床の場合は、下地を二重床にしたり防音フローリングを用います。特にマンションで畳やカーペットの床をフローリングにするときは

階下への注意が必要です。
また、プランニング時に水廻りの壁の横に収納を配置するなども、水音などを軽減するのに有効です。
オーディオルーム、ピアノ室などは特に遮音性能の高い内装材や建具の選定が必要です。
スペースがあればユニット型の防音室の設置も検討されるといいでしょう。

 

リフォームで住宅の断熱ができますか?

断熱材が入っていない箇所に断熱材を入れたり、内付けサッシをつけたりとかいくつか方法はあります。ただし、きちんとした防湿対策、

通風、換気計画も必要です。

 

 

 

 

ご注意ください、内装のリフォームの落とし穴

クロスの上に設置されているエアコンや、クロスと接している窓枠などを気にせずにクロスの貼替えをしてしまうと、

後で後悔する人が多いようです。
原因としては、少しでも安くしようと、エアコンやカーテンレールなどを取り外さずにクロスを貼替えると、

クロスを貼替えた部分と、貼替えてない部分とで見た目の差が現れてしまいます。
隣接してると目立ちますので、多少費用が掛かりますが、エアコン等は取り外してからまとめて貼替えるのが良いと思います。

造作家具のように動かすことが困難なモノの場合は、周辺からの貼替えで問題はないと思います。

クロスと接している窓枠の場合、クロス貼替えが終わった後に塗装するのは技術的に難しく、

通常より費用が高くなる場合があります(綺麗になったクロスを汚さないよう、マスキング等が発生する為)。
後から「気になるから追加で貼り直してほしい、塗り直してほしい」となると工期も延びますし、費用も掛かってしまいます。
出来ることはまとめてしまいましょう。

  • Facebook Clean
  • LinkedIn Clean
  • Google+ Clean

大阪府堺市・泉州エリア地域密着型!

 

なかがわ建築工房

〒591-8022 大阪府堺市北区金岡町1477-11  TEL  072-275-6885 代表携帯 090-5467-4485